清蔵屋

にぎりちくわなどの竹輪・練り物通販サイト 

瀬戸内『鞆の浦』の海産物,名物にぎりちくわ,練り物,職人の伝承される技を生かした手作りのお店です。| 清蔵屋

商品カテゴリ

コンテンツ

 

HOME»  ちくわが美味しい理由

ちくわが美味しい理由

ちくわ
日本は四方を海に囲まれているため、豊かな海の幸を楽しめる食文化が根付いています。刺身、焼く、煮るといった調理法だけでなく、ちくわやかまぼこなど食べ方も様々です。

こちらでは、ちくわが美味しい理由についてご紹介したいと思います。

 

人間の味覚

現在では、通販でも美味しい海の幸を味わうことが出来ます。それらはただ美味しいと感じるだけではありません。そこには独特の「旨み」があるのではないでしょうか?それではなぜ旨みを感じるのか、というと人間の味覚に秘密があります。人間の味覚は「甘い」や「苦い」といった味の特徴を感じる事が出来ます。その特徴は、現在発見されているだけで甘味・酸味・塩味・苦味・旨味の5種類です。この中の旨味は昆布や煮干しでとったダシの味に代表される「旨い」という独特の特徴を感じさせてくれます。

海の幸にはどんな成分が含まれている?

人間が旨味を感じる成分にはいくつか種類があります。まずアミノ酸系のグルタミン酸は昆布や醤油・味噌に含まれている旨味成分です。日本食にも昆布でとった出汁は様々な料理に利用されています。また、核酸系のグアニル酸は干し椎茸や松茸、えのきなどきのこ類に含まれている旨味成分です。同じ核酸系でもイノシン酸は煮干しやかつお節、魚肉、イカ・タコなどの海産物に多く含まれています。

ちくわとは?

ちくわは魚のすり身などをペースト状にし、筒状にこんがり焼いたものです。つまり、旨味成分であるイノシン酸が豊富に含まれた海の幸を使って作られたものです。特に豊かな生態系が広がる鞆の浦近隣エリアは、旨味成分を蓄えた魚介類が豊富な漁場として昔から栄えてきました。名産でもあるちくわやかまぼこなどの練り物は、旨みがぎゅっと詰まっているおいしい海の幸です。

瀬戸内の中でも広島は、特に海産物を利用した海の幸の生産が盛んな土地柄です。ギフトにも最適なちくわなどの練り物もお気軽にお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。