清蔵屋

にぎりちくわなどの竹輪・練り物通販サイト 

瀬戸内『鞆の浦』の海産物,名物にぎりちくわ,練り物,職人の伝承される技を生かした手作りのお店です。| 清蔵屋

商品カテゴリ

コンテンツ

 

HOME»  鞆の浦の名所・史跡について

鞆の浦の名所・史跡について

広島県福山市の先端にある港町で、古くより栄えてきた鞆の浦。瀬戸内海の中央にあたり、潮の分かれ目となる場所に位置しているため、昔から水産加工の町として様々な歴史を築いてきました。また、日本で最初の国立公園に指定された景勝地として、美しい自然ある港町です。さらに、鞆の浦には数多くの名所が存在しており、江戸時代の古き良き時代を感じることが出来ます。こちらでは鞆の浦の名所・史跡についてご紹介します。

 

太田家住宅

国の重要文化財指定を受けた「太田家住宅」。瀬戸内海を代表する歴史的価値の高い建造物で、元々は福山藩の御用名酒屋を務めていた中村家の住宅でした。明治時代には太田家が受け継ぎ、現在では一般的に公開されていますが、格子の細やかなデザインや太く立派な梁などに魅了され、多くの観光客が訪れています。

常夜灯

鞆港の中心部に位置している「常夜灯」。海上安全のために活躍した常夜灯は、現在では代表的な観光施設として、鞆の浦のシンボルともいわれています。また、常夜灯は燈籠塔(とうろどう)とも呼ばれており、船の出入りを誘導する灯台です。海中の基礎石からの高さが10mを越す大きさで、港の常夜灯としては日本一の高さを誇っています。

いろは丸展示館

幕末の英雄、坂本龍馬のゆかりの地として知られている「いろは丸展示館」は、常夜灯のすぐ手前に位置しています。1867年に起きたいろは丸と明光丸の衝突事件に関する遺物や写真など、事件の概要について展示された博物館です。

こちらでは、代表的な鞆の浦の名所・史跡についてご紹介しました。その他にも、鞆の浦には魅力的な観光名所が数多く存在しますので、広島へ訪れた際は遊びにいらしてください。清蔵屋では、鞆の浦ならではの名物「にぎりちくわ」のお取り寄せを行っています。お世話になった方への贈り物として、最適なギフトセットのご注文も承っておりますので、ギフト選びにお悩みの方はご利用下さい。厳選された原料と旬の具材を合わせたこだわりの味を、是非ご堪能してみてはいかがでしょうか。